新記録「30勝」達成ミシェルが明かした大阪杯の気になる馬

2020年04月02日 21時33分

エミーズロマンスで30勝を達成したミシェル

【ボンジュール・ミシェル】読者のみなさんボンジュール!

 私は昨日(3月31日)で短期免許期間が終了となりましたが、船橋競馬でエミーズロマンスに騎乗した5Rで勝利、地方競馬の短期免許期間での記録更新となる30勝を挙げることができました。

 南関東で騎乗することを決めた時は、ここまでできるとは思っていなかったのですが、所属した山崎裕也先生をはじめ、調教師・オーナーの方々に自分を信じていただき、多くの馬に乗れたことで記録を達成することができました。さらに、社台サラブレッドクラブのエージェント角南さんを中心とした〝チーム〟が一丸となってサポートしてくれたからこその数字だと思います。皆さまには心から感謝しています。

 この短期免許期間で感じたのは、競馬場ではバレットなど多くの女性が活躍されていること。ジョッキーと同じくらいハードワークをこなしながら、彼女たちは私によくしてくれました。同性として尊敬するとともに、とても心強かったです。

 また短期免許期間中のほとんどで、私の耳となり、思いを発信してくれた通訳の柿原さんの存在もとても大きかったです。彼女は私の通訳になるまでは、競馬に触れる機会がほとんどなかったのですが、アッという間に専門的な知識を覚え、さらに競馬用語などを含めた日本語の単語集を作ってくれました。そのことで調教師の先生などとのコミュニケーションがスムーズにできるようになりました。そして毎日いろいろな日本語を教えてもらい、競馬新聞も少しずつ読めるようになり、記者さんとも日本語であいさつできるようになりました。今は通訳者としてでなく、私の先生、友人として欠かせない存在です。

 さて、今週のJRAでは春のGI・2戦目の大阪杯が行われるそうですね。先週に引き続き、記者さんから渡された新聞の馬柱を見ると…気になった馬はラッキーライラック、ブラストワンピース、クロノジェネシスです。特にラッキーライラックの前走は休み明け、ハイレベルのメンバー相手で2着と実力を証明しました。牝馬ながら500キロを超える大きな馬体の持ち主なので、一度使った上積みは大きいと思います。

 今は世界中でコロナウイルスの拡大が止まらず、私も今後の計画がなかなか立てられない状況ですが、4月中は日本にとどまり、日本語や文化を学ぶ予定です。日本のファンは熱心で、私にいつも力を与えてくれます。競馬場で直接感謝の思いを伝えられかったのはとても残念でしたが、秋(11月)にはまた短期免許を取得し、南関東に戻ってきたいと思っています。その時にはコロナウイルスが落ち着き、ファンの方と笑顔で会えることを願っています。

 日本にいる間の近況は、このコラムでお伝えしていきたいと思っているのでお楽しみに!

 それではみなさん、アトゥタラ(また会いましょう)。