【ダービー卿CT】エメラルファイト 坂路でスピード感満点の走り「このまま終わる馬ではないはず」

2020年04月01日 20時23分

【ダービー卿CT(土曜=4日、中山芝外1600メートル)注目馬1日最終追い切り:美浦】エメラルファイトは坂路で単走。最後まで馬なりだったが、道中からスピード感満点の走りで4ハロン54・9―12・4秒をマークした。陣営の巻き返し態勢は整っている。

 相沢調教師「ここまでびっしりやってきたので直前は坂路で。すごく具合はいいよ。近走は結果が出ていないけど、このまま終わる馬ではないはず。中山はスプリングS(1着)しか使ってないけど、合っているかもしれない」