【元JRA助手の極秘情報】土曜阪神10R天神橋特別に出走カイザーミノル「仕上がりいい」

2020年03月27日 21時01分

【元JRA助手の極秘情報】まいど、野村です。なかなかコロナショックの出口が見えまへん。今週から春のGI戦線が始まりますし、何とかしてほしいけど…一おじさんとしては、セコセコと馬券を買って競馬を盛り上げていくしかありまへんね。

 さて、先週は皐月賞トライアルのスプリングS&若葉S、そして天皇賞・春へ向け阪神大賞典が行われました。まずは若葉Sからいきましょう。

 個人的には藤岡厩舎のアメリカンシードを応援していたんですが、3着止まりでした。川田騎手も頭を上げさせないよう、うまく乗っていたんやけどね。逃げ馬に2着に残られてしまうあたりは、ちょっとツキもありまへんね。

 それより勝ち馬のアドマイヤビルゴですわ。パドックを見たら、まったく見栄えせぇへん馬なんやけどね。新馬の勝ちっぷりも際立つものではなかったし、正直、見くびってました。でも、もう本物と言わざるを得ないと思いますよ。見た目と走り出したときのフットワークにギャップがあるのは、走る馬の典型ですからね。今後が楽しみです。

 スプリングSの勝ち馬ガロアクリークは、ごめんなさい、結果が出るまで存在すら知りませんでした。4角を回る時、「なんやこの馬!?」と思いましたもんね。ただ、あの勢いはすさまじかったです。しっかりと馬名は覚えておかなアカンと思いましたね。1番人気で2着に敗れたヴェルトライゼンデは、大きなところを勝つにはもうワンパンチ欲しいかな。勝負どころの勢いも、勝ち馬に見劣ってるように見えました。今後も上位争いには加わってくると思いますが、勝ち切るとなると…どうやろうね。

 そして阪神大賞典です。とにもかくにもキセキの大出遅れに尽きるやろうね。ま、途中で追い上げていきましたが、そのぶん脚を使わされたから厳しいよね。前走の有馬記念も出遅れてましたやろ。うーん…ちょっと精神面なダメージがあるのかもしれませんね。古馬になってああなると厳しいでっせ。若馬のうちはまだ直せるからええねんけど…。

 勝ち馬のユーキャンスマイルは、さすがは岩田康ジョッキーと思わせる内容やったかな。もちろん、馬も強いけど、内々を回ってコースロスなく運んでました。そして最後は一瞬で抜けてきましたからね。なかなか見どころはあったと思います。

 応援していたメイショウテンゲン(3着)は少しズブさを見せていました。伸びてはいるけど、もうワンパンチ欲しいかな。でも長距離レースでは安定しているので、引き続き応援したいです。

 さて、今週の推奨馬です。土曜(28日)阪神10R天神橋特別(芝外1600メートル)に出走する北出厩舎のカイザーミノルを全力応援です。馬券的なうまみはないかもしれませんが「仕上がりはいい」と村田助手です。もうええかげん順番が回ってくるでしょう。

 あ、そういえば、その取材がてらトレセンをプラプラ歩いていたんですが、たまたま土曜の日経賞(中山芝内2500メートル=1着馬に5・3天皇賞・春優先出走権)に出走するエタリオウを見かけたんです。なんや知らんけどエライ良ぅ見えたんで、大スポの松浪君(友道厩舎担当)に確認したら「絶好調らしいですよ!」とのこと。昨秋とはちょっと違うみたいで、こちらも注目ですわ。(元JRA調教助手)

【プロフィル】野村功(のむら・いさお) 62歳。元JRA調教助手。1971年に栗東・坪重兵衛厩舎に所属。その後は山本正司、池江泰郎など35年間で数々の厩舎に在籍。トゥザヴィクトリー(2001年エリザベス女王杯)、ステイゴールド(01年香港ヴァーズ)など様々な名馬の背中にまたがる。

【関連記事】