【マーチS】メイショウワザシ 坂路ラスト12・1秒「オープン入りしてからはコンスタントに走れている」

2020年03月26日 20時31分

力強く坂路を駆け上がったメイショウワザシ

【マーチS(日曜=29日、中山ダート1800メートル)注目馬26日最終追い切り:栗東】前走の総武Sで楽々と逃げ切り勝ちを決めたメイショウワザシ。オープン入り後も掲示板を外さない堅実さを見せていたが、いよいよ本格化ムードだ。引き続き相性のいい中山で重賞初制覇を狙う。

 この日は坂路で単走。パワフルなフォームで駆け上がり、ラスト1ハロンは12・1秒(4ハロン53・6秒)を刻んだ。

 南井調教師「間隔は詰まっているけど、引き続き順調にやれているし、動きも良かった。オープン入りしてからはコンスタントに走れているのでここでも」