【マーチS】ワイルドカード ウッドで4馬身先着「体のバランスが良くなって力強さも増した」

2020年03月25日 20時34分

上昇気配のワイルドカードは僚馬を豪快に4馬身突き放した

【マーチS(日曜=29日、中山ダート1800メートル)注目馬25日最終追い切り:美浦】ワイルドカードは北村宏を背に南ウッドで3頭併せ。直線では真ん中に入り、鞍上からゴーサインを出されると即座に反応。豪快なフットワークを繰り出して僚馬を4馬身切って捨てた(5ハロン67・5―37・3―12・0秒)。

 1週前にステルヴィオ(高松宮記念出走)と併せた時の重苦しさは皆無。体も引き締まってきており確実に上昇カーブを描いている。陣営も仕上がりに及第点の評価を与えた。

 木村調教師「かなり状態が良かった前走(ベテルギウスS=1着)には至らないが、ひと追いごとにコンディションは上がっている。今週もラストの伸び脚は良かった。前走で右回りを克服できたのは収穫。以前よりも体のバランスが良くなっているし、力強さも増している。今の充実ぶりでどこまでやれるか」