【阪神大賞典】ユーキャンスマイル ウッドラスト11・5秒「今なら右回りもこなせる」

2020年03月18日 21時03分

上々の伸びだったユーキャンスマイル(中)

【阪神大賞典(日曜=22日、阪神芝内3000メートル=1着馬に5・3天皇賞・春優先出走権)注目馬18日最終追い切り:栗東】ユーキャンスマイルは主戦の岩田康を背にウッドで併せ馬。最後は僚馬に遅れたが、ラストは11・5秒(6ハロン83・5秒)と上々の伸び。この馬なりの動きはできている。ジャパンC(5着)以来4か月ぶりの復帰戦。プール、坂路、トラックで乗り込んで仕上がりはそう悪くない。

 大江助手「動きはいいですよ。先を見据えた仕上げではありますが、息はできています。体がしっかりしてきた今なら右回りもこなせると思います」