【スプリングS】ココロノトウダイ ウッドラスト12・3秒で併入「なんとか権利を」

2020年03月18日 20時34分

ココロノトウダイ(中)は軽快なフットワークを披露した

【スプリングS(日曜=22日、中山芝内1800メートル=3着までに4・19皐月賞優先出走権)注目馬18日最終追い切り:美浦】ココロノトウダイは主戦・丸山を背に南ウッド5ハロンから3頭併せ。1馬身の等間隔で最後方から進み、インから馬体を並べて直線併せへ。馬なりのまま軽快な脚さばきでラスト1ハロン12・3秒で併入。ひと叩きの効果を証明した。

 手塚調教師「前回(共同通信杯=5着)は休み明けで余裕があり、息遣いもイマイチ。レース直前にトモに軟腫ができる不安もあった。今回は体が絞れて、息もすごく良くなっている。ジョッキーも中山向きと言っており、なんとか権利を」