【フラワーC】シーズンズギフト ウッドラスト12・2秒で1馬身先着「走りにも躍動感」

2020年03月17日 21時04分

シーズンズギフト(左)は最内から鮮やかに前に出た

【フラワーC(金曜=20日、中山芝内1800メートル)注目馬17日最終追い切り:美浦】シーズンズギフトは新たにコンビを組む横山典を背に南ウッドで3頭併せ。序盤は最後方でやや行きたがるしぐさを見せたが、絶妙な手綱さばきで折り合いをつける。最内に潜り込んだ直線でゴーサインが送られると、一瞬にして1馬身ほど前へ。そのままの態勢で楽々とゴール板を通過し、5ハロン65・9―12・2秒の好時計。

 黒岩調教師「やはりジョッキーがまたがると動きますね。思っていた以上の時計が出たし、走りにも躍動感がありましたから。毛ヅヤの良さも前走(若竹賞)以上。レースが楽しみでなりません」