【阪神大賞典】トーセンカンビーナ「折り合いに問題がないので距離はこなせる」

2020年03月16日 20時45分

【阪神大賞典(日曜=22日、阪神芝内3000メートル=1着馬に5・3天皇賞・春優先出走権)注目馬最新情報:栗東】トーセンカンビーナの1週前追い切りはウッドでファルコニア(スプリングS予定)と併入。6ハロン85・4―39・0―11・8秒。手応えは劣勢ながら相手が動いたもので気配は悪くない。

 小滝助手「鞍上(藤岡康)が手の内に入れているので、前走(松嶺S=1着)のようにスタートで遅れても上手にリカバリーしてくれる。折り合いに問題がないので距離はこなせるでしょうし、むしろ乗りやすいのでは」