【元JRA助手の極秘情報】阪神スプリングJ出走シングンマイケル「オジュウチョウサンとの対決が楽しみ」と生前、口にしていた高市調教師の思いが実現

2020年03月13日 21時01分

生前の高市調教師の思い、オジュウチョウサンとの対決が実現するシングンマイケル

【元JRA助手の極秘情報】まいど、野村です。先週も引き続き、無観客競馬やったね。1週目が終わったあとは「テンションの高い馬は、落ち着いて競馬が迎えられるから逆にええかも」と言いました。誰もが普通に考えそうなことやけど、ただ、ある厩務員さんによると「アカン。ボケてもうて競馬にならんかった」とも。おっとりした馬には、逆の現象が起きているみたいです。このあたりは馬券検討の際に、しっかり考えていかなきゃあきません。

 さて、先週は桜花賞トライアルのチューリップ賞でした。圧倒的1番人気に支持された2歳女王レシステンシアが3着に負けましたが、オレ的にはそこまで悲観する必要はないかなと思いました。

 やっぱり阪神JFのようにハイペースで離してての逃げがいいんでしょうね。今回に関しては、ため逃げを試してるようにも見えましたし、負けたと言うても差は0秒2です。確かに前走が強すぎただけにショックはショックやったけど、巻き返しは可能な負け方とちゃうかな。馬体も良かったし、落胆する必要はないと思いました。

 勝ったマルターズディオサは強かったです。桜花賞は関東馬が2連勝中。やっぱり東の馬が強くなってきたいうことでしょう。競馬っぷりも馬自身も、阪神JFより良くなっています。正直、前走の時は逆転は厳しいと思いましたが、これで馬券的には本番がおもろなってきたね。

 あと、挙げるとすれば3番人気で6着に敗れたウーマンズハート。正直、ちょっとがっかりやったね。勝った新潟2歳Sが印象的やったけど、ここ2走は…。少し力の差が見え始めたのかもしれません。

 一方の弥生賞…いや、今年からはディープインパクト記念と言うたほうがええね。こちらは名称が変わった年に、同産駒のサトノフラッグが勝ちました。しかもメンバー唯一のディープ産駒です。そして鞍上はディープの主戦だった武豊。もう、この結果にはお手上げやね。さすがは武豊としか言いようがありません。「こんなに強かったっけ?」と思いましたが、何かが乗り移ったのかもしれんね。

 さて、今週は平地だけで4重賞の大盤振る舞いやけど、忘れたらアカンのが土曜阪神8Rの阪神スプリングJです。オジュウチョウサンとシングンマイケルの新旧障害王が激突します。それにトラストまで加わり、J・GIIとは思えないほどの好カードです。

 シングンマイケルを管理した高市調教師は生前「オジュウチョウサンとの対決が楽しみ」と言うてました。残念ながら天国からの観戦になりますが、いまだにあの時の高市師の高揚した顔は忘れられません。高市師の思いとともにシングンマイケルを全力応援したいと思います!(元JRA調教助手)

【プロフィル】のむら・いさお 62歳。元JRA調教助手。1971年に栗東・坪重兵衛厩舎に所属。その後は山本正司、池江泰郎など35年間で数々の厩舎に在籍。トゥザヴィクトリー(2001年エリザベス女王杯)、ステイゴールド(01年香港ヴァーズ)など様々な名馬の背中にまたがる。