【弥生賞】サトノフラッグ 坂路で楽々併入「ディープ産駒の中でもレベルが高いほう」

2020年03月04日 21時05分

余裕をもって併入したサトノフラッグ(右)

【弥生賞ディープインパクト記念(日曜=8日、中山芝内2000メートル=3着までに4・19皐月賞優先出走権)注目馬4日最終追い切り:美浦】サトノフラッグは坂路で2頭併せ。2馬身先行するドリームインパクト(古馬1勝クラス)を目標に内から並び掛けて楽々併入。時計のかかる馬場で4ハロン51・3―37・3―12・2秒の好時計を難なくマークした。

 国枝調教師「ソエ気味なので用心して坂路でやったが、並んでから抜こうとする覇気を見せた。体も徐々にシャープになってきたね。(鞍上はディープインパクトの主戦だった武豊とあって)頼もしい限り。この馬もディープ産駒の中でもレベルが高いほうと思っています」