【弥生賞】ワーケア ウッドで半馬身遅れも「時計的にも十分だし、これでいい」

2020年03月04日 21時04分

併せ遅れも内容は上々のワーケア(左)

【弥生賞ディープインパクト記念(日曜=8日、中山芝内2000メートル=3着までに4・19皐月賞優先出走権)注目馬4日最終追い切り:美浦】ワーケアはルメールを背に南ウッド5ハロンから3頭併せ。先行した3歳1勝クラスに追いつかず半馬身遅れでのフィニッシュ(5ハロン65・9―37・8―12・6秒)となったが、陣営はノープロブレムを強調した。

 手塚調教師「相手は動く馬だし、時計的にも十分。先週までの感じからしっかりやっておきたかったし、これでいい。前走(ホープフルS=3着)はスタート後挟まれて後方からの競馬になってしまった。中山も2度目だし、今度はもう少し前で競馬をして、ぜひ賞金を加算したいね」