【チューリップ賞】ショウリュウハル 母子揃って大仕事の予感

2020年03月04日 21時30分

春を前に調子が上がってきたショウリュウハル

【チューリップ賞(土曜=7日、阪神芝外1600メートル=3着馬までに4・12桜花賞優先出走権)栗東トレセン発秘話】同じ日の複数の競馬場に厩舎が有力馬を出走させる時、我々取材者はどこに調教師が行くかを気にしがちだ。当然ながら、より色気のある方に行くと思うからだが、中にはポリシーを持って、あえて目立たない方に臨場するトレーナーもいれば、色気のある方に行ったはいいが、実際には行かなかった方の馬が勝ってしまうトレーナーも…。

 10年前のチューリップ賞当日に取った佐々木調教師の行動は、まさにそんな実例だった。阪神の桜花賞トライアルに管理馬ショウリュウムーンが出走するにもかかわらず、トレーナーが選んだのは中山。もちろん、計3頭も出走させたことが中山臨場の理由だっただろうし、実際に中山で管理馬が未勝利戦を勝ったのだが…。

「哲ちゃん(佐藤哲三元騎手)と中山のモニターでチューリップ賞を見ていたんだけど、あれはビックリしたね。まさか勝つとは思っていなかったから。(上田亙)オーナーも、(木村健)ジョッキーも(JRA)重賞初勝利。レース後、オーナーから“どうしたらいいんだ?”って電話がかかってきて。“ウチのスタッフがいるので、とにかく下に降りてください”と話したのを今でもよく覚えているよ」

 まさに競馬はやってみないとわからないという一例だろう。

 レシステンシアが阪神JF(1着)で見せた走りを再現すれば、誰もかなわないであろうと思われる今年のチューリップ賞。ショウリュウムーンの子ショウリュウハルで臨む佐々木調教師も「あの馬に勝てるとは思っていない」と正直な感想を漏らす。

 だが、やってみないとわからないのが競馬だ。「前走(白菊賞=1着)は出走をやめようかとも思っていたくらいのデキ。これまでいい状態で使ったことがなかったんだけど、今回はメッチャいいんだ。こんなことは初めて」と聞かされると…。もしかしてレシステンシア相手に食い下がることもあるかも…と、つい思ってしまう。