【弥生賞】ブラックホール「一歩ずつ成長している手応えはある」

2020年03月02日 21時02分

【弥生賞(日曜=8日、中山芝内2000メートル=3着までに4・19皐月賞優先出走権)注目馬最新情報:美浦】前走のホープフルSで9着だったブラックホールの1週前追い切りは併せ馬でしっかり追われて南ウッド5ハロン66・4―37・1―12・6秒。追い比べで1馬身先着した。仕上がりは悪くない。

 三尾助手「(前走)3着のダーリントンホールが共同通信杯を勝ったんだから、この馬が勝った札幌2歳Sが低レベルということはないでしょう。前走後に放牧を挟んだことで10キロくらい体が増えて出られそうだし、一歩ずつ成長している手応えはあります。最近は慣れない人が近づくと蹴りにいく。ゴールドシップ産駒らしい我の強さも出てきたから、それも競馬でいい方向に出ないかと期待しているんです」