【中山記念】ウインブライト 3連覇へミナリク背にウッドで快伸「精神的にも仕上がりは非常にいい」

2020年02月26日 21時02分

ウッド1ハロン12・4秒でまとめたウインブライト。調整は順調だ

【中山記念(日曜=3月1日、中山芝内1800メートル=1着馬に4・5大阪杯優先出走権)注目馬26日最終追い切り:美浦】ウインブライトは3週連続でミナリクが手綱を取り、南ウッド6ハロンから単走追い。「時計よりも馬のフィーリングを大事にした」という鞍上の言葉通り、気持ち良さそうにピッチを上げて直線へ。ゴールまで馬なりながら82・1―38・1―12・4秒の好時計を難なくマーク。順調な仕上がりを約束した。畠山調教師も中山記念3連覇に向けて気勢を上げた。

 ミナリク騎手「先週しっかりやったし、精神的にも仕上がりは非常にいいですね。相手を見ると間違いなくGIレベル。すごいレースになりそうですが、自分としても重賞初制覇のチャンスをぜひとも生かしたい」

 畠山調教師「休み明けとしては順調に仕上がったし、舞台設定も悪いはずがない。昨春は3連勝とパーフェクトな走りができたから、ドバイや香港を予定する今年も好スタートを切れたら」