【中山記念・東西記者徹底討論】充実ぶり顕著ラッキーライラックか瞬発力ダノンキングリーか

2020年02月26日 21時35分

風格が出てきたラッキーライラック

【中山記念(日曜=3月1日、中山芝内1800メートル=1着馬に4・5大阪杯優先出走権)東西記者徹底討論】予想合戦に臨む2人の男がメインターゲットに定めたのはGII中山記念。登録はわずか9頭ながら、GI馬が実に5頭も集った。少数精鋭のハイレベル戦攻略で問われるのはやはり予想センス。素直にGI馬を信頼する「両刀」山口と“GI級”の覚醒を期待する「分析官」岡崎。果たして勝者になるのはどっちだ!?

 岡崎翔(大阪スポーツ):今週から新たに中山、阪神開催が開幕します。

 山口心平(東京スポーツ):引退される調教師は今週がラストウイークか。

 岡崎:寂しくなりますが、来週からは新規の調教師や騎手がデビューを迎えます。競馬界のひとつの区切りですよね。

 山口:まだ寒さは残るけど、春近しといったところか。

 岡崎:そんな今週の目玉は何といっても中山記念でしょう。

 山口:頭数こそ少ないけど、GI馬が5頭もいて、メンツの中身はめちゃくちゃ濃いよな。

 岡崎:近年はドバイや香港、大阪杯などの壮行戦として地位が確立され、一流馬が集まるようになりましたよね。

 山口:まあな。オレは基本、強い馬を疑ってかかるスタイルだけど、今回に関しては大穴狙いは無謀な気がするよ。

 岡崎:で、先輩の本命は?

 山口:◎ラッキーライラックだ。

 岡崎:昨秋のエリザベス女王杯を制し、暮れの香港ヴァーズで2着好走。一時の停滞ムードを完全に払拭しましたね。

 山口:以前は立ち回りこそ上手だけど、いまひとつはじけ切れないようなイメージだったけどな。エリザベス女王杯では上がり32秒8で鮮やかに差し切った。それまでのイメージが覆ったよ。

 岡崎 スミヨンの騎乗もお見事でしたが、馬自身もここにきて力をつけているんでしょうね。

 山口:ここは昨年、2着に好走しているレース。まあ、斤量が増えるし、目標も先なんだろうけど、今の充実ぶりなら格好はつけられるだろ。

 岡崎:ボクはラッキーライラックを対抗にとどめ、ダノンキングリー◎です。

 山口:オマエが関東馬を指名するのは珍しい気がするな。

 岡崎:基本的には自分の目で調教を見られる関西馬を重視してますからね。

 山口:その考えを覆すような材料って何よ?

 岡崎:いやあ~単に昨年の毎日王冠のパフォーマンスが忘れられないんですよねえ。

 山口:確かにあれは強かったよな。

 岡崎:スローの上がり勝負で一頭だけ違う切れ味で突き抜けてしまった瞬発力にはホレボレしました。マイルCS(5着)はいまひとつはじけ切れませんでしたが、初の関西圏の競馬で勝手が違ったのかも。ホームの関東圏で見直したいところです。

 山口:直線の長い東京のほうが、もっと瞬発力を生かせるんだろうけどな。

 岡崎:それは間違いないと思いますが、皐月賞でタイム差なしの3着がありますから。中山でも力を出せると思ってます。

 山口:オレはダノンキングリーは▲まで。対抗はウインブライトだ。

 岡崎:中山で5勝のうち4勝が重賞。何より当レース連覇中ですもん。まあ、普通に考えれば重い印になりますよね。

 山口:何かトゲのある言い方だな。

 岡崎:いえいえ、他意はないのでお気になさらず。

 山口:さっきオマエが言ったみたいに、中山では鬼のように強い。この舞台なら重い印を打たない理由はないよ。

 岡崎:主戦の松岡騎手がケガで乗れないのは痛手では?

 山口:ミナリクは中間の追い切りにも乗ってるし、感触はつかんでくれてると思うぞ。

 岡崎:ボクはインディチャンプのほうを上に取りました。

 山口:実績は認めるけど、折り合いに不安があるから、やはりマイルがベストなんじゃないか? それに戦績を見ると叩き良化型のような…。

 岡崎:そういう傾向はありますが、調教ではものすごい動きをするんですよ。あれを見ると買わずにはいられません。コーナー4つのコースだし、ワンターンよりは折り合いをつけやすいんじゃないかと。

 山口:いずれにしろ、有力馬数頭の中での勝負になりそうだな。

 岡崎:馬券的には阪急杯(日曜=3月1日、阪神芝内1400メートル=1着馬に3・29高松宮記念優先出走権)のほうが難しそう。

 山口:オレはジョイフルに期待している。阪神のタンザナイトSが着差以上に強い勝ち方だったし、前走(シルクロードS=7着)を度外視して狙ってみる手もありそう。

 岡崎:ボクはダイアトニックですね。1400メートルでは〈5・1・0・0〉とパーフェクト連対。距離実績を素直に信頼します。