【阪急杯】クリノガウディー藤沢則調教師「時計勝負になっても十分に対応できる」

2020年02月25日 21時31分

もう一歩の競馬が続くクリノガウディー

【阪急杯(日曜=3月1日、阪神芝内1400メートル=1着馬に3・29高松宮記念優先出走権)聞かせて!核心】最強の1勝馬というフレーズをよく聞くが、その仲間に組み込まれそう?なのがGI朝日杯FSの2着馬クリノガウディー。デビュー戦快勝後は重賞ばかりに出走し、もう一歩の競馬が続いている。しかし、そろそろステップアップの時。同馬を管理する藤沢則雄調教師(65)を直撃した。

 ――前走の東京新聞杯(3着)も小差の競馬

 藤沢則:いいスタートが切れたし、ジョッキー(横山典)がうまく内のポケットに潜り込んでレースを運んでくれた。一旦は抜け出しかかったし、惜しいレースだった。直線で前の馬が下がってきて、それを避けるために外に出すロスもあったからね。着差が着差だけに悔しかったし、ジョッキーも同じ気持ちだったんじゃないかな。

 ――中間の気配は

 藤沢則:多少疲れはあったけど、通常のレースを使った時と同じでその後は順調です。その前走は放牧明けだったし、当然、叩いた上積みはあると思う。1週前(21日)は坂路で軽くしまいを伸ばしました。(4ハロン58・1―12・7秒)。直前にびっしり追えばいい状態に持っていけそうです。

 ――7ハロンは初めて

 藤沢則:レースの上手な馬だし、スピードもある。特に問題はないと思っている。阪神コースは朝日杯FSで2着にきているように、いいイメージを持っている。開幕週の時計勝負になっても十分に対応できるはず。

 ――レースへ向けて

 藤沢則:この条件で結果を残せれば、今後の可能性がいろいろと広がってくる。とにかくいいレースを期待しています。