【フェブラリーS枠順】インティは3枠5番 モズアスコットは6枠12番

2020年02月21日 09時14分

フェブラリーS連覇を狙うインティ

 芝GI馬2頭に地方馬3頭が出走する、2020年JRAのGI開幕戦となる“上半期のダート王決定戦”「第37回フェブラリーS」(23日=日曜15時40分発走、東京1600メートル)の枠順が21日午前、以下のように決まった。

 このレース史上最多の5勝を挙げている武豊とのコンビで14&15年のコパノリッキー以来、史上2頭目となる連覇に挑むインティ(栗東・野中厩舎)は3枠5番からスタートする。

 18年のGI安田記念優勝馬で初のダート戦出走となった前走のGIII根岸Sを制し、クロフネ、アグネスデジタル、イーグルカフェ、アドマイヤドンに続く5頭目の芝&ダート双方でのGI制覇を目指すモズアスコット(ルメール騎乗、栗東・矢作厩舎)は6枠12番に入った。

 17年のGIホープフルS優勝馬で2走前のこのレースと同じ舞台で行われたGIII武蔵野Sで2着に入ったタイムフライヤー(フォーリー騎乗、栗東・松田厩舎)は2枠4番、今年のJRA重賞で早くも3勝をマークしている松山との初コンビで昨秋の交流GI南部杯(盛岡)に続くビッグタイトルに挑むサンライズノヴァ(栗東・音無厩舎)は5枠9番となった。

 昨秋の南部杯の2着馬で東京ダート戦で6戦5勝2着1回の好成績を残すアルクトス(田辺騎乗、美浦・栗田厩舎)は1枠2番、このレースの18年覇者で地方移籍後も昨年末のGI東京大賞典で2着と好走したノンコノユメ(真島大騎乗、大井・荒山勝厩舎)は5枠10番だった。

 なお、このレースは22日(土曜)から前売りが開始される。

★「フェブラリーS」枠順と騎手(斤量は全馬57キロ、地は地方馬)★

【1枠】 1番 ブルドッグボス    和田
【1枠】 2番 アルクトス      田辺
【2枠】 3番 ワイドファラオ    福永
【2枠】 4番 タイムフライヤー   フォーリー
【3枠】 5番 インティ       武豊
【3枠】 6番 ミッキーワイルド   北村友
【4枠】 7番 ヴェンジェンス    幸
【4枠】 8番 キングズガード    秋山
【5枠】 9番 サンライズノヴァ   松山
【5枠】10番 地ノンコノユメ    真島大
【6枠】11番 地モジアナフレイバー 繁田健
【6枠】12番 モズアスコット    ルメール
【7枠】13番 デルマルーヴル    M・デムーロ
【7枠】14番 地ミューチャリー   御神本
【8枠】15番 ケイティブレイブ   長岡
【8枠】16番 ワンダーリーデル   横山典