【フェブラリーS】サンライズノヴァ 坂路4ハロン51・0秒「状態がいい今なら昨年よりやれるはず」

2020年02月19日 20時44分

GI馬に遅れたサンライズノヴァ(左)だが、4ハロン51・0秒と時計は文句なしだ

【フェブラリーS(日曜=23日、東京ダート1600メートル)注目馬19日最終追い切り:栗東】サンライズノヴァは坂路で昨年のマイル王インディチャンプと併せ馬。先行した僚馬にかなり遅れる形になったが、ラストで仕掛けられるとグイグイ加速して4ハロン51・0―12・6秒をマークした。陣営は自信たっぷりだ。

 音無調教師「ちょっとチグハグな併せ馬になったけど、この馬の力量を見せた走りをしていたし、時計も十分。ラストまでしっかりしていた。この馬本来の形は直線勝負。今回はここに目標を絞って目イチに仕上げてきた。状態がいい今なら昨年(7着)よりやれるはず」