【フェブラリーS】タイムフライヤー「勝つポジションで流れに乗れるかのテストで簡単にいい時計が出た」

2020年02月17日 21時00分

【フェブラリーS(日曜=23日、東京ダート1600メートル)注目馬最新情報:栗東】タイムフライヤーの1週前追い切りはフォーリーを背にウッド6ハロン82・7―37・6―11・8秒。古馬2勝クラスを1秒ほど追走し、最後は楽な手応えで大きく先着。ダイナミックな走りで迫力十分だった。

 松田調教師「1週前追い切りは勝つ(可能性がある)ポジションで流れに乗れるかのテストをしました。荒れた時間帯でしたが、簡単にいい時計が出ました」