【京都記念】カレンブーケドール 打倒クロノジェネシスへ「斤量も1キロ差があれば」

2020年02月13日 20時31分

【京都記念(日曜=16日、京都芝外2200メートル)注目馬13日朝の表情:美浦】2着だった昨秋のジャパンC以来となるカレンブーケドールは厩舎周りの運動を入念に行った。陣営は秋華賞(2着)以来のクロノジェネシスとの再戦にリベンジを期した。

 中村助手「まだ手前の替えなど体の使い方に休み明け感が残るけど、トラックでもしっかり乗って七分程度には仕上がりました。少なくとも同じ放牧明けだった紫苑S(3着)より動ける。(秋華賞)当時はやや消極策で窮屈な競馬に。力は負けていないと思うし、斤量も1キロ差があれば」