【京都記念】ノーブルマーズ 最後までしっかりとしたフットワーク「時計のかかる競馬は合う」

2020年02月12日 21時00分

【京都記念(日曜=16日、京都芝外2200メートル)注目馬12日最終追い切り:栗東】ノーブルマーズはシュタルケを背に坂路で単走。少し行きたがる面を見せたが、鞍上がうまくなだめて最後までしっかりとしたフットワーク。好調だ(4ハロン52・8―12・8秒)。

 石原助手「前走(中山金杯=4着)でもインからじりじりと脚は使っていた。時計のかかる競馬は合うし、極端に馬場が悪くならなければ」