【きさらぎ賞・後記】アルジャンナ3着も川田サバサバ「また改めてですね」

2020年02月10日 21時32分

断然人気のアルジャンナ(手前)は3着に敗れた

 9日、京都競馬場で行われた3歳クラシックの登竜門・GIIIきさらぎ賞(芝外1800メートル)は、7番人気の伏兵コルテジアが勝利。単オッズ1・5倍の断然人気アルジャンナは3着に敗れた。

 超スローペースに加え、瞬発力が持ち味のディープインパクト産駒には不向きの重い馬場。春を意識すれば無理に出していくこともできず、道中は折り合いを優先して中団を追走する形に。最後は上がり最速33秒7で追い上げたが、前を捕らえるまでには至らなかった。

 鞍上の川田が「勝ち馬の後ろでスムーズに競馬ができましたが、差を詰められないままでした。また改めてですね」とサバサバした表情でレースを振り返ったように、今回の一戦が力負けでないのは確か。本来の持ち味が生かせるパンパンの良馬場で巻き返しを期待したい。