【東京新聞杯】シャドウディーヴァ 昨年の年度代表馬リスグラシューに化けるかも

2020年02月07日 21時01分

洗い場で手入れされるシャドウディーヴァ。新たな女傑候補誕生なるか!?

【東京新聞杯(日曜=9日、芝1600メートル)得ダネ情報】初ダートで快勝したGIII根岸S(2日)のモズアスコットが典型例。路線変更した新規開拓馬にはリスクが伴う半面、ハマれば「頭」まで狙える魅力がある。GIII東京新聞杯で美浦得ダネ班が目を付けたのは、初のマイルに挑む、遅咲きのハーツクライ産駒だ。

 デビューから芝中距離を選択し続け、昨年はオークス、秋華賞、エリザベス女王杯と牝馬中距離路線の王道を歩んできたシャドウディーヴァが、キャリア初のマイル戦にかじを切る。

 突然の方向転換? 実は関係者から「少し距離が長いのかも」という声が以前から漏れていた。馬体に緩さが残っているうちは、テンからせかす競馬はさせたくない。長めの距離のほうが競馬自体はしやすく、かつ牝馬同士の戦いなら能力の高さでカバーできる。要は距離適性を重視してのローテではなかったのだ。中距離馬のイメージがまだ残る中でのマイル参戦。人気の盲点となるなら、いきなりから狙う手もある。

 マイル転戦での激走の可能性を示したのが前走の常総S。3歳春の同舞台(中山芝内1800メートル)フラワーCでは後方から脚を伸ばすも、ややモタつき気味で4着止まりに終わった馬が、前走では普段より前めで流れに乗り、4角で先頭に並びかける堂々の競馬ぶり。成長ぶりをハッキリと見せつけた快勝劇だった。

「3歳春くらいまではトモに緩さがあって“まだまだ”という感じだったんだけどね。ここにきてだいぶ体がしっかりして、調教でもレースでもハミをしっかり取れるようになってきた」

 田中助手はレースぶりの大幅良化につながった成長をそう解説する。心身がようやくかみ合ったことでマイルの流れにも難なく対応できそう。いや、むしろこのあたりが適距離と考えれば、パフォーマンスがさらにグンと上がっても驚けない。

 古馬になってからの成長力には定評のある「ハーツクライ産駒」が迎える「明け4歳初戦」。そのキーワードで連想されるのは、2年前の当レースの勝ち馬で、昨年の年度代表馬に輝いたリスグラシューだ。驚きの変貌を遂げた“遅咲きの女傑”の再来? まずは初マイルでの牡馬斬りで、その第一歩を踏み出す――。