【東京新聞杯】シャドウディーヴァ 坂路で楽々先着「心身ともにいい雰囲気」

2020年02月05日 21時05分

上昇ムードのシャドウディーヴァ(右)は楽々とラスト12・3秒をマーク

【東京新聞杯(日曜=9日、芝1600メートル)注目馬5日最終追い切り:美浦】シャドウディーヴァは坂路で1本流してから南ウッドで5ハロンから併せ馬。2馬身ほど追走しながらリズム良く運び、直線は内に馬体を併せる。馬なりのままラスト12・3秒(5ハロン66・8―38・0)で楽々と先着した。

 相田助手「今週はオーバーワークを避けての調整。1週前は岩田(康)さんに感触を確かめてもらって『心身ともにいい雰囲気』とのことでした。3歳のころは体が減ったりもしましたが、昨秋ぐらいからそれもなくなり中身がしっかりしてきた。昨秋の経験も生かせると思うので楽しみです」