【東京新聞杯】クリノガウディー 坂路ラスト11・7秒「もう少しラストの脚を生かせるなら」

2020年02月05日 21時01分

【東京新聞杯(日曜=9日、芝1600メートル)注目馬5日最終追い切り:栗東】クリノガウディーは坂路で単走。馬場整地直後とはいえ、軽快な脚さばきで4ハロン52・5―11・7秒の好時計。ラストまでグイグイと伸びた。

 藤沢則調教師「前走(マイルCS=7着)は相手も強かったが、最近は自分の競馬ができていないことを考えれば、むしろ能力の高さを再認識できた。もう少しラストの脚を生かせるなら」