金銭問題に悩んでいた?小島貞博調教師

2012年01月24日 14時00分

 競馬界に突然の悲報が舞い込んだ。JRA元騎手の小島貞博調教師(60)が23日夜、滋賀県栗東市内の病院で死亡した。栗東トレセン内の自厩舎内で首つり自殺を図ったものとみられる。騎手時代に史上10人目の日本ダービー2勝(1992年ミホノブルボン、95年タヤスツヨシ)、ブルボンではクラシック“準3冠”(菊花賞は2着)を達成。調教師に転身後も地道に勝ち鞍を伸ばしてきた“苦労人”に何が起きていたのか。衝撃事態の背景を追った。

 23日午後、小島さんは夫人に自殺をほのめかす電話を入れた後、栗東トレセン内自厩舎の2階で首をつった状態で見つかった。その後、搬送先の病院で午後6時36分、死亡が確認された。滋賀県警草津署に通報があり、捜査関係者によると、当初は変死事案として扱い、遺体の検視や関係者に対する事情聴取を行った。その結果、事件性はなく自殺と判断された。

 騎手としてミホノブルボンとのコンビで皐月賞、ダービーと2冠制覇。師匠・戸山調教師との二人三脚での快進撃は競馬界にも旋風を起こした。

 01年に騎手を引退。その後は調教師に転身したが、テイエムドラゴン(05年中山大障害など)、テイエムチュラサン(05年アイビスSD)など重賞5勝。勝利数も毎年2桁以上を挙げ、先々週にはシゲルソウウンが山科Sを勝ってオープン入り。厩舎経営は堅実に見えたのだが…。

 某関係者は「先週は小倉競馬場で競馬に立ち会っていたはず。(全休日の)月曜(23日)はめったに厩舎にこないのに、この日は珍しく厩舎に姿を見せていた」。思い出の詰まった自らの“城”に別れを告げにきたのだろうか。

 明けて24日朝の栗東トレセン。関係者の口は一様に重かった。タヤスツヨシ(95年日本ダービー)、チョウカイキャロル(94年オークス)でコンビを組んだ兄弟子・鶴留調教師は「俺はもういいよ」とノーコメントで足早に厩舎へと引き揚げた。

 生前、親交の厚かった調教師は匿名を条件に「真面目なやつだった。だからこそ、一人で悩んでいたのかもしれない。あいつが死ぬこともなかっただろうに」と無念そうに語った。