【根岸S】テーオーヘリオス 坂路で折り合い◎「ある程度の位置につけて運べれば」

2020年01月30日 20時33分

テーオーヘリオスはしまいはきっちり追われた

【根岸S(日曜=2月2日、東京ダート1400メートル=1着馬に2・23フェブラリーS優先出走権)注目馬30日最終追い切り:栗東】前走のすばるSでは58キロを背負いながらも、最後までしっかり脚を使って2着に大健闘したテーオーヘリオス。過去〈0・0・0・3〉と結果を出せていない東京コースを克服できれば…。侮れない存在となる。

 この日は坂路で単走。序盤こそ行きたがるしぐさを見せたが、ガッチリ抑えて折り合わせる。しまいはきっちり追われ、上がり重点に4ハロン55・5―12・9秒をマークした。陣営は再度の好走に期待を寄せた。

 梅田調教師「ためて切れる馬じゃないからこんなものかな。8歳馬だが、今はとても状態が良くて、それが前走の結果にもつながったんだと思う。ある程度の位置につけて運べれば、いいところがあるはず」