【根岸S】コパノキッキング ウッドで抜群の行きっぷり「斤量にも不安ない」

2020年01月29日 21時05分

【根岸S(日曜=2月2日、東京ダート1400メートル=1着馬に2・23フェブラリーS優先出走権)注目馬29日最終追い切り:栗東】コパノキッキングはウッドで単走。馬なりながら抜群の行きっぷりを見せて6ハロン81・2―37・2秒―12・6秒を軽くマークした。

 柴田助手「放牧を挟んだけど、今週の追い切りを含めてウッドで3本しっかりとやれていつも通りの調整ができている。前回(カペラS=1着)が58キロの斤量で結果を出せたので特に不安な点もない。鞍上(マーフィー)も先週を終えてリーディングとノッているし、この馬の癖は分かってくれているので楽しみにしています」