【根岸S】ワイドファラオ 坂路で鋭く伸びて先着「十分チャンスはある」

2020年01月29日 21時07分

ワイドファラオ(手前)は余力残しでラスト12・1秒と伸びて僚馬に先着

【根岸S(日曜=2月2日、東京ダート1400メートル=1着馬に2・23フェブラリーS優先出走権)注目馬29日最終追い切り:栗東】ワイドファラオは坂路でマグナレガーロ(古馬3勝クラス)と併せ馬。序盤は折り合いを重視してじっくりと運び、最後で仕掛けられると鋭く伸びて僚馬に先着した(4ハロン53・0―12・1秒)。

 高田助手「前走(チャンピオンズC=14着)はもう少し前で競馬がしたかったが、つまずいて後ろからに…。ここ2走から千八は少し長いようだし、あのメンバーでは仕方ないですね。千四ならこなせる範囲だし、右手前のほうが力強い走りをする馬。直線を右手前で走れる左回りは本来いいはずです。この距離の巧者も出てくるので楽観はしてませんけど、十分チャンスはあると思っています」