【シルクロードS】ナランフレグ ウッドで余裕の手応え「あとは右回りの克服だけ」

2020年01月29日 20時34分

直線で抜群の反応を見せたナランフレグ(右)

【シルクロードS(日曜=2月2日、京都芝内1200メートル)注目馬29日最終追い切り:美浦】ナランフレグは南ウッドで単走。テンから行きっぷり良好。ラストまで余裕の手応えで駆け抜けた(4ハロン53・9―38・5―12・1秒)。中間はひと息入ったが、動きは文句なし。

 宗像調教師「他の厩舎の馬と併せ馬のような形になってしまったが、反応は良かった。あとは右回りの克服だけですね」