【元JRA助手の極秘情報】日曜京都9R白梅賞エーポス 新馬戦使ってさらに良化「これなら連勝が期待できるのでは」

2020年01月17日 21時01分

【元JRA助手の極秘情報】まいど、散髪に行ってスッキリした野村です。今週から京都・中山のほかに小倉が始まりますね。年明け間もないころから小倉というのも慣れませんが、何より愛知杯が小倉で行われるわけやからね。何や変な感じが抜け切らんね。

 それはそうと、先週推奨させてもらったルプリュフォール(日曜中山12R=3着)ですが、骨折が判明してしまいました。勝負どころで「何や伸びひんなぁ…」と思っていたんですが、それが影響していたわけです。早く治して戻ってきてほしいね。

 さて、先週は3日間競馬で京都の重賞はシンザン記念でした。オレの仲良うしてもうてるところでは、藤岡のケンちゃん(藤岡調教師)のところからルーツドールが出ていたんですが…結果は7着と惨敗です。単勝1・6倍と断然の人気やったんやけどね。正直、あそこまで負けるとは思いませんでした。

 敗因を求めるとすれば、やっぱり外枠のせいかなというのはありますが、それにしても負けすぎですわ。テンションが高いといっても、許容範囲やと、オレは思いました。やっぱり新馬の1戦しかしてへんキャリアの問題なのかもしれません。間隔があいていた分もありますし、これからの巻き返しに期待です。稽古の動きからしたら、大物なのは間違いないので、意気揚々とクラシックに出てきてほしいね。

 さて、今週の推奨馬です。日曜京都9Rの白梅賞に北出厩舎からエーポスが出走します。北出ハンにはいつも「ユーポスちゃいまっせ」と言われてる馬です。竹内力がやっていたCMのヤツとは関係ありまへん(笑)。

 ちなみに新馬戦は好位から安定感十分の勝ちっぷりでした。なかなか奥のありそうな馬やね。実際に陣営も「前走は期待通りの勝ちっぷり。一度使って馬は本当に良くなっていますし、これなら連勝が期待できるのでは」と北出調教師です。

 中山で勝ち上がった馬なので関西の方には印象が薄いかもしれませんが、そのぶん、配当的妙味はあるんとちゃうかな。(元JRA調教助手)

【プロフィル】のむら・いさお 62歳。元JRA調教助手。1971年に栗東・坪重兵衛厩舎に所属。その後は山本正司、池江泰郎など35年間で数々の厩舎に在籍。トゥザヴィクトリー(2001年エリザベス女王杯)、ステイゴールド(01年香港ヴァーズ)など様々な名馬の背中にまたがる。