【京成杯】ヴィアメント 軽快なフットワークでクビ差先着「反応は抜群」

2020年01月16日 20時31分

【京成杯(日曜=19日、中山芝内2000メートル)注目馬16日最終追い切り:美浦】ヴィアメントは南ウッドで3歳未勝利馬と併せてクビ差先着(5ハロン69・0―39・2―12・6秒)。フットワークは素軽く、毛ヅヤも冴えている。

 水出助手「併せた相手が楽だったとはいえ、反応は抜群。ひと息入った影響はないし、時計がかかれば、そこそこやれそうだね」