【京成杯】リメンバーメモリー 坂路で躍動感ある走り「着実に力をつけている」

2020年01月16日 20時30分

【京成杯(日曜=19日、中山芝内2000メートル)注目馬16日最終追い切り:栗東】リメンバーメモリーは坂路単走で4ハロン53・0―12・7秒。輸送も考慮して無理をしない程度にとどめたが、躍動感のある走りを見せた。

 佐々木調教師「1週前追い切りでは、これまで出なかったような好時計をマーク。今週はその状態を維持する感じで。着実に力をつけている」