【京成杯】クリスタルブラック 坂路で2馬身先着「しまいは確実に脚を使ってくれる」

2020年01月15日 21時02分

上々の反応を見せて先着したクリスタルブラック(左)

【京成杯(日曜=19日、中山芝内2000メートル)注目馬15日最終追い切り:美浦】クリスタルブラックは吉田豊を背に坂路2本目に併せ馬。2馬身先行する3歳未勝利馬の外から差を詰め、直線は馬なりのまま2馬身先着。4ハロン54・2秒は地味でも、ラスト1ハロンはきっちり12秒台(12・6秒)。数字以上の反応の良さが光った。鞍上の感触も上々だ。

 吉田豊騎手「前走(新馬戦=1着)時に稽古で乗っていないので比較はできないが、いいリズムで走って最後はあっさり抜けてくれた。まだ緩さがあり、ゲートを出てくれないけど、しまいは確実に脚を使ってくれる。この相手にどこまでやれるか楽しみです」