【京成杯】キングオブドラゴン ウッドで楽々4馬身先着「長く脚を使える」

2020年01月15日 21時01分

楽に先着したキングオブドラゴン(左)

【京成杯(日曜=19日、中山芝内2000メートル)注目馬15日最終追い切り:栗東】キングオブドラゴンはウッド6ハロンから同厩の3歳新馬、3歳未勝利と3頭併せ。前2頭を5馬身追走して直線は大外へ。手応えの違いは歴然で、馬体を並べる間もなくかわし去り、楽々4馬身先着を決めた(6ハロン82・0―65・6―50・8―38・3―12・7秒)。

 金羅助手「先週より動き、息遣いとも良くなっている。まだ緩さがありスッとは動けないが、長く脚を使える。一頭になるとフワフワするところがあるので、重賞で馬体をびっしり併せられるのはいいと思う」