藤田菜七子が2020年初勝利 通算101勝で見習い騎手卒業

2020年01月11日 14時06分

通算101勝目を挙げた藤田菜七子

 藤田菜七子が11日、中山競馬6Rをエンドーツダで制し、2020年初勝利を挙げた。この勝利でJRA+地方交流通算101勝とし、見習い騎手卒業となる。

 2番枠からスタートを決めると好位のインをリズムよく追走。抜群の手応えで直線を迎えると、スムーズに外めに出してあっさりと押し切った。

「ゲートでも落ち着いていていつもより出てくれた。最後はいい脚を使ってくれた」と菜七子。昨年12月15日の勝利を最後に足踏みが続いていたが、久々の快勝劇で節目の勝利をマークした。

 次週からは見習い騎手の減量特典がなくなり、女性騎手限定の2キロ減(減量マークは?=ダイヤ)のみとなる。「2キロ減になりますが、変わらず乗せていただけるようにしっかり頑張りたい」。取り巻く条件は少しだけ厳しくなるが、いつも通り〝次の1勝〟を目指していく構えだ。