【元JRA助手の極秘情報】日曜中山12R出走ルプリュフォール「ある程度流れてくれれば」

2020年01月10日 21時02分

【元JRA助手の極秘情報】まいど、野村です。中東のほうがきな臭い感じになってますね。それぞれの陣営、思うところはあるんでしょうが、やっぱり平和が一番です。中東といえばドバイもあるわけやし、競馬とまったく関係がないわけでもないからね。とにかく穏便にことが済んでくれるのを祈るばかりです。

 さて、2019年のJRA賞が発表されましたね。年度代表馬はリスグラシューです。ま、これは有馬記念を見たらごくごく当然の流れやろうね。アーモンドアイに何もないというのはちょっと違和感がありますが、結局は人間が投票するもんですからね。やっぱり記憶の新しいところが選ばれやすくなるのかもしれません。

 ま、オレ的には、やっぱりシングンマイケルが最優秀障害馬に輝いたことが何よりうれしかったですわ。先週もここで書かせてもらいましたが、高市調教師とは旧知の仲…というか、もうすでに腐れ縁ですからね。そんな彼があれだけ名誉な賞をいただけたんやから、ホンマに自分のことのようにうれしかったです。記念グッズも作るらしいので、さっそくオレの服のサイズを伝えておきました。高市師はメールで「3Lか?」とか聞いてきましたが、さすがにそこまでデカくなくても大丈夫…やと思います。

 さて、今週は3日間競馬です。先週に続いて月曜も競馬があるからね。みなさん、ビッシリ競馬漬けの週末を楽しんでください。推奨馬は日曜中山12Rのルプリュフォールです。ミキオ(松永幹調教師)いわく「前走はだいぶ我慢が利いていたけど、さすがにペースが遅すぎましたね。あれで少し力んでしまったかな。それでもしまいはしっかり伸びていたし、ある程度流れてくれれば」とのことです。

 昇級後6→7着なら、そこまで人気にはならないと思います。意外とうまみのある馬券になるんとちゃうかな。(元JRA調教助手)

【プロフィル】のむら・いさお 62歳。元JRA調教助手。1971年に栗東・坪重兵衛厩舎に所属。その後は山本正司、池江泰郎など35年間で数々の厩舎に在籍。トゥザヴィクトリー(2001年エリザベス女王杯)、ステイゴールド(01年香港ヴァーズ)など様々な名馬の背中にまたがる。