【ポルックスS】ビルジキール「時計が速くても対応できる」

2020年01月08日 20時00分

【ポルックスS(日曜=12日、中山ダート1800メートル)注目馬8日朝の表情:栗東】現時点で出走が次点のビルジキールは坂路1本のキャンター調整。

 森田助手「前走(堺S=1着)のようにためを利かせたほうが持ち味が生きる。パサパサの馬場でも結果を出しているし、福島でレコードVと時計が速くても対応できる馬。今のオープンは除外の権利持ちが多くていつ使えるかわからない状況だけど、状態は変わりないし、出走できるようなら楽しみ」