【ジュニアC・後記】サクセッション完勝もマーフィー「距離に関しては何とも言えない」

2020年01月07日 21時30分

1番人気に応えたサクセッション(左)

 月曜(6日)中山10R・ジュニアC(3歳オープンL、芝外1600メートル)はサクセッション(牡・国枝)が1番人気に応え、3勝目を挙げた。

「追い切りに乗せてもらって前回(デイリー杯2歳S=6着)より進化していると感じていた。レースでは自信を持って強気に乗ったよ」とマーフィーが振り返ったように、5ハロン通過57秒7のハイラップの中でも4角で果敢に先頭に並びかける積極的な競馬。それでも最後まで脚色は衰えることなく、2着に2馬身半差をつける完勝劇となった。

 ただ、未知数な面もまだあるようで「距離に関しては何とも言えない。皐月賞に向かうなら、トライアルで(距離適性を)判断しないと」とマーフィーは冷静に分析していた。