【京都金杯】先行力と抜群の安定感ソーグリッタリングかハーツクライ産駒カテドラルか

2020年01月01日 17時02分

荒井は勢い満載のハーツクライ産駒カテドラルを猛プッシュ

【京都金杯(日曜=5日京都芝外1600メートル)東西記者徹底討論】東京オリンピックイヤー、2020年のJRAは1月5日に開幕する。西日本では京都金杯、東日本では中山金杯(芝内2000メートル)。おなじみの正月GIIIが行われる。毎週渾身の予想を披露している本紙の名物企画・予想合戦の「両刀」山口、「独創」荒井、「馼王」西谷、「分析官」岡崎が集結。荒井VS岡崎が京都金杯の行方を占った。さあ、読者の皆さまも「金杯で乾杯」といきましょう。

 岡崎翔(大スポ):明けましておめでとうございます。

 荒井敏彦(東スポ):もうさ、そういうのいらないから。早く予想してくんない? 

 岡崎:新年のごあいさつくらいはちゃんとしないと。

 荒井:気持ちは頂くけどさ、今から急いで厄払いに行くんだよ。これが結構な混みようでさ。

 岡崎:もしかして厄年ですか(近寄らないようにしよっと)。お大事に。

 荒井:どうしてもって言うなら俺の厄を全部預けてもいいんだけど。

 岡崎:勘弁してください。悪いことは昨年だけで十分です。

 荒井:お互いいいことなかったからな。今年こそは公私ともにプラス一直線でいこうぜ。

 岡崎:はい(やっぱり一緒は嫌な予感がする)。

 荒井:京都金杯はカテドラルで乾杯しよう。有馬記念に続いて正月もハーツクライ旋風だ。

 岡崎:確か中京記念で本命打って大恥かきましたよね。

 荒井:痛いとこ突くね。でも、昨秋2走の末脚を見れば少し狙うのが早かっただけ。特にマイルCSは直線で挟まる不利がなければ上がり32秒台の脚を使っていたはず。体も増えていい雰囲気だったし、3コーナーを惰性で回れる京都も合う。このメンバーなら決めてもらわないと。

 岡崎:待機策に転じて才能が開花したのは確かですね。GIIIクラスは突き抜けても驚きませんが僕は2番手評価です。

 荒井:やっぱり今年も一緒とはいかないんだな。どれが負かすんだよ?

 岡崎:ソーグリッタリングです。勝ちみに遅くとも昨年は6戦してすべて4着以内と抜群の安定感。重賞で好走歴もあるし、先行して1頭だけ粘った関屋記念(3着)だけ走ればもう手が届くはず。僕は今年も振り回されずに自分の相馬眼を貫きます。

 荒井:単純に堅いところ買いますってことだろ。逆転があればダイアトニックだろうな。初重賞参戦のダービー卿CT(4着)は14番枠からでも末脚は目立っていたし、昨秋の戦績は本格化を思わせる。マイルCSはさすがに自分のレースをさせてもらえなかったけど、返し馬が少し硬かったあたりは中2週の影響が少なからずあった。マイルが長いはずがない。

 岡崎:僕はそれより重いハンデが気になるんで今回は軽視。ドーヴァーの前走は鞍上の判断も大きかったけど、地味ながら着実に力をつけています。それに本来は切れ味が売りですから不良馬場を克服したのも地力強化の証し。時計勝負は望むところですよ。

 荒井:サウンドキアラのリゲルS(3着)は直線で先頭に立ち押し切り態勢だったんだけど、レース後のコメント通り阪神ではラストが甘くなるのか…。いずれにせよ全4勝が京都だから今回その不安がない。

 岡崎:デビュー当初の期待からすればオープン入りが遅すぎたくらい。ヴィクトリアマイル7着だけ走れば差はないでしょう。

 荒井:ようやく意見が合ってきたな。ボンセルヴィーソは…。

 岡崎:おぉーっと、またかぶせると読者に誤解を生むので僕がしゃべります。GI・3着が2回。2、3歳時の実績を思えば重賞の壁なんてまったくありません。やや決め手に乏しく押さえにしましたが、地力で馬券圏内突入も十分にあるでしょう。

 荒井:あとは特大お年玉を用意しないとな。ひところの不振は脱したジャンダルムは馬混みに入って苦しい位置のほうが勝負根性を発揮する混戦向き。まさに俺みたいに土壇場に強い。

 岡崎:年明け最初の穴馬はマイネルフラップ。直線外にふくれながら追い上げた昨年のシンザン記念(2着)が強烈なインパクト。同じ冬場の京都でハマるイメージが浮かびます

 荒井:昨年はかみ合わなかったわけだけど、また一年よろしくね。

 岡崎:こちらこそ、って結局はあいさつするんじゃん(相変わらずだな)。