【中山金杯】トリオンフ「今は脚元も問題なく、使って状態も良化している」

2020年01月01日 16時01分

前々走、小倉記念を制したトリオンフ

【中山金杯(日曜=5日、中山芝内2000メートル)厩舎先取り情報:栗東】

★トリオンフ・須貝調教師「1年以上も休んでいた前走であれだけの競馬をしてくれたように能力は高い。今は脚元も問題なく、使って状態も良化している。18キロ増は成長分で太め感はなかった。引き続き楽しみです」

★ギベオン・荻野助手「前走はゴチャつく場面があって不完全燃焼の競馬に…。中間も順調にきているし、スムーズなレースができれば」

★タニノフランケル・小滝助手「自分の形で競馬ができた前走が案外な内容。中間は大きく変わったところがなく、追い切りで2歳馬にやられてしまうくらい…。馬具を工夫するなどの変化が必要かもしれません」

★テリトーリアル・西浦調教師「前走は4角で手応えがなかったように、久々を好走したことで2走目のポカがあったのかな。今は自在性が出てどんな競馬もできるようになっているので見直したいね」

★ノーブルマーズ・前川助手「前走は直前の動きが物足りない感じがあったし、プラス体重が示すようにいくらか余裕もあったかな。今回は体も絞れてくると思うし、自分のリズムで競馬ができれば巻き返せるはず」

★ハッピーグリン・長谷川調教師「前走はスムーズではない中でも、(武)豊さんが馬のいい面を引き出し、先々への可能性を感じる内容だった。中間は坂路で楽に好時計。状態はかなりいい。自分の競馬さえできれば」

★ブラックスピネル・音無調教師「ハナに行った時しか結果が出ていない馬。前走でも鞍上にはハナへ行くように言ったんだけど…。改めて期待したいが、直線の長いコースのほうが相性がいい。中山がどうかだね」