タワーオブロンドン 3・7オーシャンSで始動

2019年12月27日 11時30分

スプリンターズSを制したタワーオブロンドン。右は藤沢和調教師

 今夏のサマースプリント王でGIスプリンターズSを制したタワーオブロンドン(牡4・藤沢和)が、GIIIオーシャンS(3月7日=中山芝外1200メートル)で始動することが27日、明らかになった。

 藤沢和調教師は「年明けに帰厩します。春は国内に専念」と話し、ドバイ遠征などは行わない見込み。また、21日のGII阪神Cを制した同厩のグランアレグリア(牝3)について「(千四の)距離が良かったということでもない。マイルはもちろん大丈夫だし、天皇賞・秋とかを目指すことになるでしょう」と来年の見通しを語った。