【ホープフルS】オーソリティ 3頭併せでクビ差先着に池添「動き、息遣いともに申し分ない」

2019年12月25日 20時43分

上昇ムードのオーソリティ(中)は余力を残して僚馬に先着

【ホープフルS(土曜=28日、中山芝内2000メートル)注目馬25日最終追い切り:美浦】オーソリティは先週に引き続き池添を背に南ウッドで3頭併せ。直線では両サイドから挟まれる形になったが、最内のフレッチア(古馬3勝クラス)が後ろから並びかけてくると、瞬時に反応してクビ先着。中間はフットワークがさらに大きくなり、馬体も引き締まってきた。鞍上も無敗でのGI制覇へ意欲満々だ。

 池添騎手「先週より良くなっている印象を受けたし、動き、息遣いともに申し分ない。まだ気性に若さを残しているけど、父のオルフェーヴルも若いころはこんな感じだった。とにかくいい形でレースに向かえるので楽しみ」

 木村調教師「予定通りの時計。ここにきて馬に自信がついてきたので気持ちも強くなっているが、そこは池添がうまくコントロールしてくれている。今朝の反応もすごく良かった」

【関連記事】