【有馬記念】リスグラシューがラストランで優勝 アーモンドアイは9着

2019年12月22日 16時13分

リスグラシュー

 22日、中山競馬場で行われたGI第64回有馬記念(芝内2500メートル)は2番人気のリスグラシュー(牝5・矢作)が直線突き抜けて優勝。GI宝塚記念、豪GIコックスプレートに続くGI・3連勝でラストランを飾った。勝ち時計は2分30秒5。

 牝馬の宝塚記念と有馬記念制覇は史上初。また、5歳以上の牝馬のGI年間3勝以上は、2009年のウオッカ以来史上2頭目。

 鞍上のレーンは有馬記念初挑戦で初制覇。初挑戦での優勝は、05年のM・デムーロ以来8人目。

 5馬身差の2着に3番人気のサートゥルナーリア、3着に4番人気のワールドプレミアが入った。

 1番人気のアーモンドアイは9着だった。

【関連記事】