【有馬記念・因果馬券】ラグビーW杯優勝国・南アの国旗に注目

2019年12月20日 21時02分

ラグビーW杯で南アフリカ国民は国旗を掲げて熱狂した(ロイター)

【有馬記念(22日=日曜、中山芝内2500メートル)現役住職の仏予想】他者への羨望、憧憬は誰にでもある。が、人の営みで最も大切なのは、等身大の自分を受け入れ、それぞれの役割を全うすることだと、仏に仕える現役住職は説く。そう、誰もが国の宝。そして有馬記念で、国宝級の穴馬券をゲットする権利を持っている。

 こんにちは。またお会いできてうれしいです。少牌(しょうはい)と申します。僧侶です。5月のダービー以来、半年間の放牧…いや、修行を終えて俗世間に戻ってまいりました。皆さま、お変わりないでしょうか。

 さて、私にとっての今年のハイライトは、ラグビーワールドカップの日本開催でした。南アフリカ、イングランド、ニュージーランドなど、世界のスター選手たちが見せてくれたプレーの素晴らしさ、芸術性は忘れられません。もちろん、日本代表の皆さまの偉業も。五郎丸さんに一点集中、しかもあっという間に収束した4年前の轍を踏まぬよう、ラグビー人気が持続することを願ってやみません。

 ところで、彼らのような世界水準のアスリートを見るたびに「すごいなあ。それに引き換え、自分は何やってんだろう。仕事だってまあまあ頑張ってきたのに…。人より勝っているところは酒量と体重くらいだ。神様って不公平だよなあ」などと、ため息をついたこと、ありませんか。私はあります。しかし、ご心配なく。仏様はそんな我々を見捨てません。

「一隅を照らす、これ則(すなわ)ち国宝なり」

 天台宗の開祖、最澄さんのお言葉です。社会の隅を照らすような仕事をしている人こそ、国宝と呼ぶべき存在である、という意味です。

 我々一人ひとりに求められていること。それは必ずしも大きな舞台で活躍することではありません。人それぞれ、身を置いた場所で全力を尽くし、社会に貢献する。誰かの安全や、安心や、豊かな暮らしや、おいしい食事や、楽しい生活の役に立っている。そうです。あなたは国宝なのです。

 さあ、気持ち良くなっていただいたところで本題です。今年の「年度代表馬」は大混戦で、有馬記念を勝てば…という馬が数頭見受けられます。しかし、真打ちはやはり◎アーモンドアイでしょう。格の違いを見せつけた天皇賞・秋は圧巻のひと言。熱発明け、初の中山、初の2500メートルといった不安材料を吹き飛ばすほど、他馬とは力の差があるのではないでしょうか。

 対抗は世代レベルに疑問符が付きはじめた3歳勢からあえて。○サートゥルナーリアの粗削りな走りは、間隔が詰まると空回りしてしまいますが、2か月空けて得意の中山なら絶対女王に迫ることも可能です。

 その後は難しいかもしれません。が、目を凝らすと伏兵が浮上してきます。行く馬が揃った今回は先行馬ではなく、差し馬の出番。「最強の1勝馬」▲エタリオウが直線で鋭く伸びそうです。コンビ4戦目の横山典騎手も、そろそろ本領を発揮してくれそうです。

 もう一頭、右回りでも走れる△スワーヴリチャードまで印を打ちましょう。なお、人気の一角を占めるリスグラシューですが、矢作調教師、レーン騎手とも、これが有馬初挑戦。人馬とも力は認めても、ここは静観が妥当との判断です。

 というわけで、そろそろ例のやつを。種と水と土地が揃って初めて花が咲くように、あらゆる事象には原因があります。「因果馬券」。張り切ってまいりましょう。

 まず、さきほど申し上げたラグビーW杯関連。優勝国・南アフリカの国旗に注目です。

 6色使われていますが、うち3色はアフリカ民族会議の旗と同じ黒・緑・黄です。これと同系の勝負服は大塚亮一オーナー。ワールドプレミア、クロコスミアの2頭出しですが、ここは菊花賞制覇で勢いに乗るワールドプレミアを。何しろこの馬、お母さんの名前が「マンデラ」。南アフリカの全民族融和に尽力し、ノーベル平和賞を受賞された、あの大統領さんの名前ですからね。

 リアクションが薄いようなので次に行きます。お約束のプロレスネタを。65年前の12月22日、力道山と柔道家・木村政彦の「日本選手権」が行われました。木村さんの金的蹴りに血相を変えた力道山が、喧嘩ファイトで木村さんをKOした…あの試合です。真相についてはさまざまな臆測が飛び交っておりますが、経緯はともかく、力道山がガチギレした映像はしっかり残っています。ということで、シリアスアティテュード(真剣な態度)という名前のお母さんを持つスティッフェリオを究極の因果馬券として推しておきます。

 ということで、例によって真剣に、不真面目に、幅広に来そうな馬を挙げてみました。皆さまにすてきなクリスマスと、温かな年の瀬と、穏やかなお正月が訪れますように。グッドラック、メリークリスマス、ハッピーニューイヤー!

【プロフィル】しょうはい・じゅうしょく 関東圏の某寺の現役住職。ファイナンシャルプランナーでもある。葬儀・仏事から、資産運用・相続に至るまで、広範囲にわたる檀信徒からの相談に答えるユーティリティープリースト。競馬、マージャンほかギャンブル大好き。SKE48の推しメンは西満里奈と入内嶋涼。座右の銘は「人生、あがり放棄」。