【元JRA助手の極秘情報】中山大障害出走シングンマイケル「デキは最高に近い!飛越が抜群にうまいし、先行力もある」

2019年12月20日 21時00分

【元JRA助手の極秘情報】まいど、野村です。ホープフルSという何回やっても慣れへんのがまだありますが、とりあえず今週は有馬記念。やっぱりオレからすると今週が一年のフィナーレです。しかも、それにふさわしい超豪華メンバー。これは盛り上がるのも必然やね。今からレースが楽しみでしゃーないです。

 さて、そんな有馬記念の前日には中山大障害があります。これも忘れたらあかんレースですわ。オジュウチョウサンの名がないのはちょっぴりさみしい気がしますが、逆に言えば絶対王者不在で他の馬たちにはチャンスが広がったわけやからね。有馬だけやなく、こっちもかなり面白いと思います。

 ちなみに、オレが仲良うしてもらっているところでは、高市厩舎からシングンマイケルが出走しますわ。障害レースの全成績は〈5・3・2・3〉ですが、掲示板外はゼロ。特に昨秋の11月からは7戦連続で馬券圏内の安定ぶりです。しかも、目下重賞2連勝中。今、一番脂が乗っとるときとちゃいますか。もちろん、高市調教師にはしっかり電話で取材してまいりましたで。ちなみに…。

「前走後はここ一本を目標に仕上げてきて、デキは最高に近いと思う。飛越が抜群にうまいし、先行力もある。中山コースに替わるという点でこれは、大きなアドバンテージになると思うよ。上位拮抗のメンバーだし、最後はこの飛越のうまさが効いてくると思う」

 正直、かなり自信ありげでしたわ。最近は本当に調子の波が少なく、それが成績の安定にもつながっているとオレも思います。高市厩舎は地方交流ではビッグタイトルを勝ってますが、中央では平地・障害合わせてGIはまだ取っていません。なんとかシングンマイケルでGI初制覇してほしいね。

 さて、今年はここでオレも冬休みに入らせていただきます。紙面からネットへと場所を移していろいろ書かせてもらってきましたが、少しは役に立ちましたでしょうか。それではまた、金杯の週にお会いしまひょ。まいど!(元JRA調教助手)

【プロフィル】のむら・いさお 62歳。元JRA調教助手。1971年に栗東・坪重兵衛厩舎に所属。その後は山本正司、池江泰郎など35年間で数々の厩舎に在籍。トゥザヴィクトリー(2001年エリザベス女王杯)、ステイゴールド(01年香港ヴァーズ)など様々な名馬の背中にまたがる。

【関連記事】