【有馬記念】ワールドプレミア「あっと言わせるような競馬をしてほしい」

2019年12月19日 21時02分

ワールドプレミアの運動を見守る友道調教師(手前)

【有馬記念(22日=日曜、中山芝内2500メートル)注目馬19日朝の表情:栗東】菊花賞馬ワールドプレミアは追い切り翌日の運動メニューを消化し、GI連勝を目指す舞台へ向けて、しっかりと態勢を整えた。陣営も期待十分の口ぶりだ。

 大西助手「放牧先から帰ってきた時点で菊花賞の疲れは感じられませんでした。馬の雰囲気もいいですし、距離はこのくらいをこなしてきていますからね。あとはコースですが、(武)豊さんが大丈夫だと言ってくれているので、あっと言わせるような競馬をしてほしい」