【有馬記念】シュヴァルグラン 余力残しで最先着「能力の衰えは感じない」

2019年12月18日 20時36分

3頭併せで再先着したシュヴァルグラン(右)

【有馬記念(22日=日曜、中山芝内2500メートル)注目馬18日最終追い切り:栗東】シュヴァルグランはウッドでエタリオウと2歳馬の間に入って6ハロン83・8―38・3―12・0秒。余裕残しで優秀な時計をマークして最先着。力強い走りで気合乗りも上々だ。

 津田助手「有馬記念は2年続けて3着と好走した舞台。能力の衰えは感じないし、ここでしっかりと輝きを残して現役を終えたいですね」