【有馬記念】エタリオウ ウッドで軽快な脚さばき「このメンバーでも見劣らない」

2019年12月18日 20時33分

3頭併せで遅れたエタリオウだが脚さばきは軽快(左)

【有馬記念(22日=日曜、中山芝内2500メートル)注目馬18日最終追い切り:栗東】エタリオウは2歳馬、シュヴァルグランとウッド6ハロンから3頭併せ。最後ムチが入り、6ハロン82・7―37・9―12・0秒をマークした。攻め駆けしない馬で遅れの形だが、脚さばきは軽快だ。

 山田助手「前走(ジャパンカップ=7着)後すぐに疲れが取れたので予定より多めに乗り込めた。昨年の菊花賞のような走りができれば、このメンバーでも見劣らない」

【関連記事】